2015年の私的まとめ

今年もまた、一年間の対外的な仕事や大学業務について振り返っておきます。

2014年の私的まとめ

この一年ろくにサイトを更新しなかったが、2014年を振り返っておきます。2015年に出る予定の本の話と、大学での働き方の話。

11/22 公開研究会「音/サウンド研究の現在」

立命館大学で開催される公開研究会にて、知覚の分析哲学を専門とする源河亨さんと報告を行います。谷口は「レコード音楽における音の空間性」と題して、「録音技術を駆使して制作されたレコード音楽は、現実世界とは異なるリアリティを持っている」という話をします。

4/19 「音楽ファイルの90年代 ── MOD/Trackerの今日的意義を考える」

東京芸術大学千住キャンパスで開催されるシンポジウムに登壇します。谷口はパソコンによる音楽制作の展開を整理することで、「MOD / Tracker」という音楽実践から何が見出だせるかを検討します。

12/7 シンポジウム「メタ複製技術と音楽文化の変容」

学習院大学で開催される日本ポピュラー音楽学会(JASPM)の大会にて、インターネットでの音楽活動をテーマとしたシンポジウムの司会を努めます。遠藤薫さん、livetune の kz さん、 Bunkai-Kei records の Yako さんが登壇されます。

1/25 「電子音楽のマラソン・リスニング」参加

京都で川崎弘二さんが主催する「電子音楽のスタディーズ」の催しに参加します。谷口は「音楽の導入教育としてミュジック・コンクレートを作らせてみた」と題して、音楽コース1回生の実習における音響作品制作の取り組みを紹介します。完成品だけでなく素材集めや編集の過程も併せて聴いていただこうと考えています。

taniguchifumikazu
@taninen


  • 今時意外なほどシンプルなアレンジに強みを感じる。 RT @taninen: 今聴いているのは、花澤香菜 / Blue Avenue。

    about 11時間 ago

  • ここで唐突に音楽フェチモードにシフトすると、このアルバムにはだしの旨味が大いにある。 RT @taninen: 今聴いているのは、花澤香菜 / Blue Avenue。

    about 11時間 ago

  • 今聴いているのは、花澤香菜 / Blue Avenue。

    about 11時間 ago

  • 音楽学の議論の場だから持ち出しやすいというのもあるけど、とりわけ新しい研究領域へのアプローチを問う際には、民族音楽学の培ってきた知見をもっとベタに有効活用するよう持っていっても良いのかもな、と改めて思うなどする。

    about 11時間 ago

  • 最近はゼミ指導などで自分の音楽フェチっぷりを全開にしているので、今日の学会の議論で「音楽に対する固定観念を棚上げする」という研究スタンスに立ち帰れたのはある意味新鮮だった。

    about 12時間 ago