4/19 「音楽ファイルの90年代 ── MOD/Trackerの今日的意義を考える」

 今週日曜の19日、東京芸術大学千住キャンパスで開催されるシンポジウム「音楽ファイルの90年代 ── MOD/Trackerの今日的意義を考える」に登壇します。トークセッションとライヴの2部構成となっており、谷口は第1部で簡単な報告と全体討議で参加します。
 「MOD」とは音声サンプルとシーケンスデータを組み合わせて音楽を再生するファイルフォーマットで、「Tracker」はMOD形式で音楽を制作するソフトを指します。インターネットが一般レベルにまで普及した1990年代、このMODを使った音楽がインターネット上でやりとりされるようになりました。けっして主流の音楽流通手段にはならなかったMODですが、現在まで続く流れをたどり、その音楽実践について改めて考えることで、インターネット上の音楽がもつ多様な可能性を見出そうという趣旨のシンポジウムです(多分)。
 MODの音楽制作に携わった方々が多く参加される中で、谷口は「音楽制作のデジタル化」という、より大きな脈絡を概観します。パソコンによる音楽制作(あるいは「DTM」)は、現在では職業音楽家がそれだけで仕事を完成させるほどの手段となっていますが、パソコンやインターネットの普及期には機能的にできることが限られており、作られる音楽の特徴もその制約の中で方向付けられていました。産業の動きやアマチュアの活動など、1990年代前後のさまざまな取り組みを整理することで、その中でMODやTrackerがどのように位置付けられるかを検討できればと思います。
 
音楽ファイルの90年代 ─MOD/Trackerの今日的意義を考える
 

音楽ファイルの90年代 ─MOD/Trackerの今日的意義を考える
日時: 平成27年4月19日(日) 13:00-19:00
場所: 東京藝術大学 千住キャンパス 3F スタジオA (東京都足立区千住1-25-1)
 
入場無料 (座席数に限りがありますので立ち見になる場合があります。)
 
〈第一部:トークセッション〉 13:00-16:30
 日高良祐  (東京芸術大学大学院)
 河野崇    (SID Media Lab)
 谷口文和  (京都精華大学)
 田中治久  (hally/VORC)
 ディスカッション
  登壇者 + 毛利嘉孝(東京芸術大学)
 
〈第二部:ライヴパフォーマンス〉 17:00-19:00
 taropeter
 BUBBLE-B  (KARATECHNO)
 Omodaka


カテゴリー: blog, event, info, music